当サイトは、相続不動産の困ったを解決する「相続不動産の窓口」です。

相続の基礎知識

相続のパターンを詳しくご案内

よくある相続パターンを使って相続の範囲・
対象を詳しくご説明します。

相続対象者と範囲

配偶者とお子様がいらっしゃる場合

Check Point
・配偶者とお子様のみが相続人。
・両親や兄弟、孫は対象外。

お子様がいないご家庭でご両親が健在の場合

Check Point
・配偶者とご両親のみが相続人。
・兄弟は対象外。

お子様がいないご家庭でご両親が既に他界しており、ご兄弟が健在の場合

Check Point
・配偶者と兄弟が相続人。

お子様がいないご家庭でご両親、兄弟が既に他界している場合

Check Point
・配偶者のみが相続人。

相続対象者と持分

配偶者とお子様がいらっしゃる場合

Check Point
・配偶者は最優先で50%受けとる。
・子供は残りの50%を均等に分ける。

相続の受取人がすでに死去している場合

Check Point
・お子さんが受け取るはずの権利はお孫さんやひ孫に代襲相続される。

ご両親・お子さんがすでに死去している場合

Check Point
・祖父母が健在なら祖父母が受けとる。

誰も相続人がいない場合

法定相続人がいない場合は、生前に親密なお付き合いのあった人を「特別縁故者」として家庭裁判所に申し立てを行い、認められると相続人となれる場合があります。
特別縁故者もいない場合は、国庫に帰属されます。

【特別縁故者とは】
・被相続人と生計を共にしていた者。
・被相続人の療養看護に努めていた者。
・配偶者がいない場合は、順位通り、お子様(第一順位)がいればお子様のみといった上の順位がいれば下の順位は相続人にならない方式で相続されます。

Check Point
・基本は国庫に帰属。
・生前に親密な付き合いのあった方が家庭裁判所に申し立てることで、相続人として認められる場合もある。


PageTop