当サイトは、相続不動産の困ったを解決する「相続不動産の窓口」です。

買取事例

ご相談事例03:借金がある場合の相続

  • ご相談者:奥様
  • 被相続人:ご主人様
  • 相続人 :奥様

ご相談内容:

1:自営業のご主人が亡くなった後に、
  借金と友人の保証人になっていたことが分かった。
2:保証人解除できないか知りたい。
3:できれば現金を手元に残し自宅の売却で借金を返済したい。

夫が亡くなって、家と少しの預金と生命保険金が残されました。
後日わかったのですが、夫は個人で事業をしており、数百万円の借金と友人の保証人になっていたようです。
家と預金のみ相続して、借金と保証人の件は相続しないことはできますか?

複雑な問題ですね。
後日トラブルにならないようにするためにまずは、プラスの遺産とマイナスの遺産を整理しましょう。
まず、プラスの遺産からお願いします。

家があります。
住宅ローンが残っていますが、「団体信用生命保険」に加入していましたので、住宅ローンは無くなると聞いています。
後は預金が100万円ほどと、生命保険が200万円です。

次にマイナスの遺産をお願いします。

借金の額は消費者ローン550万円です。
友人の保証人になっている分は、1000万円と聞いています。
私は専業主婦でしたので、預金や収入はありません。

わかりました。まず、大前提として、ご質問頂いたようなプラスの遺産のみを引継ぎ、マイナスの遺産は放棄することはできません。
プラスの遺産を相続するということは、同時にマイナスの遺産も引き継ぐことになります。
「限定承認」というプラスの遺産内のみマイナスの遺産を引き継ぐ方法もありますが、今回の場合はあまり意味を成しませんので、選択肢としては、全てを引き継ぐ「単純承認」か、引き継がない「相続放棄」ということになります。

「単純承認」したとして職も、収入も無いのに保証人になれるのですか

いい質問です。一度友人の方と一緒に金融機関にご相談下さい。
友人の方が、融資を受けた時点より返済能力が向上しているか、担保として提供している物件があれば、物件の「担保評価」と残債を比較した際に、物件の価値が残債を大きく上回るようなら保証人を解除できる場合があります。

消費者ローンについても毎月収入が無い状態では返済できません。

返済計画については借入先との協議にはなりますが、相続した以上は、返済する必要があります。

預金と生命保険に合わせて、家を売却して返済するということですか。

そうなります。
ただ当面、奥様が職につかれるまでの生活資金などを勘案すると、現金は手元に置いて、家を売却される方をいいのではないでしょうか。
ご主人様との思い入れのある家を売却されるのは複雑な心境かと思いますが、売った資金もご主人様がご家族に遺された大切な遺産です。
その遺産で新しい生活を始めるのはいかがでしょうか。

なるほど、それなら、負の遺産も償却できて、心機一転新しい生活をスタートできそうです。
でもこの家はいくらで売れるのでしょうか。
そもそもマイナスの遺産を引き継ぐだけの価値はあるのでしょうか

一度、こちらの査定フォームよりご相談ください。
遺品整理や相続登記を全て0円で行う相続不動産買取システムもございます。
もし、家の売却額が、マイナスの遺産と見合わない場合は、相続の開始を知ってから3か月以内であれば「相続放棄」も可能です。
その際の手続きについてもお手伝いさせて頂きます。

相談して良かったです。早速査定フォームより依頼させて頂きます。
今後ともよろしくお願いします。


PageTop