当サイトは、相続不動産の困ったを解決する「相続不動産の窓口」です。

買取事例

ご相談事例02:兄妹3人で遺産相続このまま実家に住み続けたい

  • ご相談者:娘さん
  • 被相続人:父
  • 相続人 :本人・兄・妹

ご相談内容:

1:父の遺産の相続人は3人。
2:実家にはシングルマザーの相談者が住み続けたい。
3:問題なく住み続ける方法が知りたい。

私には兄と妹がいます。
二人とも結婚していますが、私は離婚し子どもを連れて実家に住んでいます。
父はすでに他界しており、先日母が亡くなりました。
兄と妹は子どもの事を考えて「そのまま父名義のこの家に住み続けていいよ」と言ってくれていますが、大丈夫でしょうか?

法律的には問題はありません。
しかし不動産の名義変更をせずに放っておくと様々な問題が出てきます。

そうなんですね。
例えばどのような事でしょうか?

そうですね…例えば、お父様名義の不動産の「法定相続人」はお兄さま、相談主さま、妹さまの3名です。
あってはいけない事ですが、今後お兄さま、妹さま・・・もしかしたら相談主さまのどなたかにご不幸があるかもしれません。

なるほど・・・

その場合それぞれのお子様が「代襲相続」することになります。
その場合お子様が未成年だとお義姉さま、義弟さまに代理人になっていただく必要があります。

義姉も義弟もそのまま住むことに同意してくれてるようですが・・・

人の気持ちは変わってしまいます。
身内でも揉めてしまいますし、義理のお姉さまや義理の弟さまとなるとなおさらです。
残念ながらそういうご家族をたくさん見てきました・・・

そうなんですね。
でも今不動産の相続をしてしまうと私たちは住む家を失ってしまいます・・・

不動産の相続とは名義変更をする事です。
お兄さま、相談主さま、妹さま名義に変更してそのまま住めるように「使用貸借契約」を結んでおきましょう。
売却して新しいお住まいを探されるのも一つの道です。
1度売却したらどれくらいになるのか査定してみるのもいいですね。

なるほど・・・そうですね査定フォームより依頼させていただきます。

お待ちしております。


PageTop